検索
  • Jumpei Matsumoto

ホームページをオープンします。

 この度、わたくし、松本准平のホームページを作ることにしました。

 自分のホームページを持つなんて大それたこと、僕にはまだまだ身の丈に合っていませんが、それなりの理由があります。まず僕はTwitterを書くのがどうしても苦手です。短い文章でうまく自分の考えていることや思っていることを表現できないのです(ちなみに映画も短編をつくるのは苦手です)。もう少し長めの文章で考えをまとめたり、表現したりする場所が欲しかった。blogでも良かったんだけど(あるにはあるけど)、TwitterとかInstagramとかFacebookとかlineとか、複数のサイトを持っているみたいでやりにくい。どこかに一元化するような場所が欲しかった。ということで、ホームページにしようかなと。そうしたら、色んなお知らせも書けるし、過去の作品も整理できるし、一石二鳥かもしれないと思って。


 2018年と19年は、忍耐を要求されることが多くて、なんだか辛い時期でした(なんといっても天中殺というやつでした)。そんな中でも作品のプロデュースに関われたり、念願だった『惑星たち』を出版できたりして、感謝することもありました。2020年は映画を撮る予定です。1本と言わず、2本ぐらいやりたい。来年は無理だろうけど、再来年に向けて仕込みたい企画もある。そのもっと先に向けて書いておきたい脚本もある。小説ももう1本…ネタは決まってる。やりたいことは常にあります。

 というか、こんな状況でホームページはちゃんと更新できるのかな。


 ここには、できる限り素直な考えや気持ちを綴りたいと思います。そうでも宣言しておかないと、大人の事情ばかり気にしてしまうからな。

 なんにしても、宜しくお願いします。


                                   松本准平

 

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

撮ることについて

まずはじめに。 舞台『エデン』は8月1日の千秋楽をもって、無事に全公演、終了しました。身心をもって本作に出演してくださった役者のお一人お一人、本作を支え形作りまた支えてくださったスタッフの方々、そして山口ちはるプロデューサーに改めて感謝と敬意を捧げたいと思います。 ■ さて、演技についての考えを深めて以降、今度は撮影することについて考えている。 以前の記事で「見るということ」について触れて、その続

見るということ、あるいは作品と観客のラポール 2

(承前) ■ ドゥルーズは、映画に現れるイメージを、運動イメージと時間イメージに切り分けた。そして映画は基本的にはその誕生時から運動イメージに支配され続けてきた(言い方は僕なりの解釈で、原文ママではない)と述べ、運動イメージをさらに分類している。 運動の起点となる0次性=知覚イメージ、運動を司る者(すなわち物語の人物)の内的な運動である次なる1次性=情動イメージ、さらに目的をもった運動が現れる2次

見るということ、あるいは作品と観客のラポール 1

舞台を初めて演出するのを好機と捉えて、前回までの記事で「演技とは何か」ということを<ラポール>という視点から考え続けてきた。自分なりに様々な発見があり、個人的に極めて大切な時間だったように思っている。しかし、演出家として、まらは監督しては、半分は満足しつつ、もう半分は課題を残してきたような心持ちになっていた。考えるべき重要なことがもう1つある。それは言わずもがな、「カメラ」の問題である。もっと広義